肛門科医のつぶやき

2018.09.17更新

肛門周囲膿瘍という病気があります。
肛門と直腸との間に肛門腺という分泌液を出す腺があるのですが、ここに細菌が感染して化膿していく病気です。炎症を起こし化膿していくと、膿は組織の弱いところ弱いところへと広がっていきます。表面に広がり、肛門の周囲がパンパンに腫れあがりすごく痛みが出たり、場合によっては奥のほうに広がり、肛門の表面にはあまり変化がないにも関わらず痛みがすごく強くなり、場合によっては38度以上の熱が出ることがあります。
このような場合は、急いで局所麻酔をして切開して膿を出さなければなりません。膿を出すことで、痛みはスッと楽になります。
この肛門周囲膿瘍は男性に多い傾向があります。渡邉医院でも10対1ぐらいの割合で男性に多いです。そして一人、肛門周囲膿瘍の患者さんが来られると、少なくても後二人、同じ日や近い日に肛門周囲膿瘍の患者さんが受診されます。
流行する病気ではないのですが、不思議です。
さて、肛門周囲膿瘍に対して局所麻酔をして切開して膿を出すのですが、入院する必要はありません。切開してすぐに帰宅して、帰宅後出血などがあるとこまりますので、1時間程度診療所で安静にしていただいたあと、出血がないか、痛みが楽になったかを診察してから帰宅してもらっています。
帰宅する際は、切開して膿がでていますので、痛みはすでに楽になっています。出血さえなければ、まだ残っている膿が早く出てしまったほうがいいので、家に帰って横になってねているのではなく、普段通りの生活を
送ってもらっています。切開して排膿した当日は、シャワーだけにしてもらっていますが、次の日からは通常通りに入浴もしてもらっています。
内服としては抗生剤と消炎鎮痛剤を5日間内服してもらっています。抗生剤は残った最近をやっつけるために内服してもらいますが、消炎鎮痛剤も痛みだけでなく、炎症もとってくれるので、5日間は痛みがなくなっても内服してもらっています。
肛門周囲膿瘍で次に皆さんが心配されるのは、肛門周囲膿瘍の後は痔瘻になって、痔瘻の根治術を必ずしなければならないのではないということだと思います。
肛門周囲膿瘍に対して切開排膿をして必ず全ての人が痔瘻になるわけではありません。渡邉医院で肛門周囲膿瘍に対して切開排膿をしたあと、その後なんの症状も出ない患者さんは70%です。肛門周囲膿瘍になったからと言って100%痔瘻になるわけではありません。症状がでない患者さんのほうが多いです。切開排膿後、痛みはないが膿が出続けるとか、腫れたり治まったりを繰り返すなどの症状が出た場合に初めて痔瘻という病名が付きます
肛門周囲膿瘍=痔瘻。100%痔瘻根治術が必要というわけではありません。
肛門周囲膿瘍はとても痛い病気です。もしも症状がでた場合は早く受診していただき、切開して膿を出すことが大切です。

投稿者: 渡邉医院

2018.09.17更新

9月になって、血栓性外痔核で受診される方が少し多いかなという印象があります。
血栓性外痔核は、肛門の外側の静脈に血栓が詰まって腫れて痛い病気です。
もともと、人間は立って歩く二足歩行なので、肛門の部分の血流は少し悪いです。そんなところにに、冷えたり、忙しかったり、疲れていたり、また寝不足だったり、ストレスがかかるとさらに血液の流れは悪くなってしまいます。
そして、ストレスがかかると血栓もできやすくなってしまいます。ストレスがかかると、血小板がくっつきやすくなり血栓ができやすくなります。そんないろんな条件が重なって、さらにそこに便の調子が悪くて排便の時にグッと頑張ったり、
重たいものを持ったりしてお腹にグッと力が入った時など、例えば引っ越しなどで重たい荷物を持ち上げたときなどに血栓が詰まって、血栓性外痔核になることがあります。
ただ、血栓性外痔核はもともと持っていたものが、悪くなっていたくなったのではなく、たまたま今まで話したような条件がそろって、お腹が力が入ったときに運悪く血栓が詰まったものです。少し違うのですが、指を挟んで血豆ができるとか、ぶつけて青く内出血して腫れて痛いのと同じようなものです。ですから、極端なことを言うと、グッと我慢していると、何もしなくても自然に治っていきます。
ですから、血栓性外痔核の治療は、基本的には手術などをする必要はなく、保存的に治療します。ぶつけて内出血して腫れて痛くても、手術をしなくても自然に治っていくのと同じです。でも、手術で血栓を取ることもあります。それは、一つは詰まって血栓が大きい場合です。親指よりも大きな血栓が詰まってしまうことがあります。大きいと溶けて治るまでに時間がかかります。もう一つは、血栓が詰まって痛みが強く、仕事にならない。さらに痛くて寝てもいられないという時です。この場合も局所麻酔をして血栓を取るのですが、ほっておいても自然に治る血栓性外痔核を手術でとって、その後痛いと意味がありません。血栓を取ると痛みはスッと楽になります。でも反対に言うと、どんなに大きくても、どんなに痛くても手術をしなくても、自然に治っては行きます。
では治療法ですが、血栓性外痔核の一番の症状は、腫れて痛いということです。これに対しては、腫れを取ると痛みがとれるので、腫れをとって痛みをとる消炎鎮痛剤の座薬を使うと痛みがとれ、楽になります。血栓は自然に溶けるのを待ちます。いつも診察の時、血栓性外痔核に対して消炎鎮痛剤の座薬を1週間分処方します。「座薬がなくなって痛みなど何か具合が悪いことがあれば、受診してくださいね。」と患者さんにお話しするのですが、たいていの場合、受診される患者さんはいません。1週間で血栓がすべてなくなることはないと思いますが、消炎鎮痛剤を使うことで痛みがとれ、血栓がだんだん小さくなっていくので、「後は自然に治るから大丈夫だ。」ということになるのだと思います。血栓性外痔核の場合はこれでいいと思います。
 患者さんに「また血栓性外痔核になりますか?」と聞かれることがあります。そんな時私はこう答えています。「今回、血栓性外痔核になったのでまたなる可能性はあります。では、今回血栓性外痔核になったのは初めてですか?初めてでしたら、こんな程度の頻度でしか起きませんよ。」と。
 血栓性外痔核は自然に治っていきますが、痛みがあります。これは消炎鎮痛剤の座薬で楽になります。痛いときは早めに受診していただき、痛みを早くとるといいと思います。

投稿者: 渡邉医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:075-441-4303