肛門科医のつぶやき

2019.04.14更新

「輪ゴム結紮法で痛い理由」

輪ゴム結紮法とは

内痔核の治療方法に輪ゴム結紮法という手術方法があります。
内痔核の根元に輪ゴム結紮法の輪ゴムをかけて、内痔核に行く血液の流れを遮断して、内痔核を壊死脱落させる、腐ってとるという方法です。

輪ゴム結紮法の適応

輪ゴム結紮法の適応は、排便時に内痔核が脱出するも過ぎに戻る第Ⅱ度の内痔核や、脱出しても自然に戻らず、指で押し込む第Ⅲ度の内痔核。またされに悪化して脱出したままで、戻すことが出来ない第Ⅳ度の内が適応ですが、いずれも輪ゴム結紮する道具の輪っかの中に入る程度の大きさが適応になります。また、肛門上皮といって、肛門の出口から約2~3cmほど奥まで、皮膚の部分があります。この肛門上皮の部分の脱出が大きな内痔核は適応になりません。一番輪ゴム結紮に適した内痔核は、内痔核ができる粘膜部分だけが脱出してくる内痔核です。ですから静脈瘤型の内痔核よりも、粘膜脱方の内痔核の方がより良い適応になります。
輪ゴム結紮する際には基本的には麻酔はしなくてもできます。無麻酔下で行います。また筒型の肛門鏡を使って、内痔核をよく観察しながら輪ゴムをかけていきます。ですから適応をしっかり選んで、適切に輪ゴム結紮すると痛みはほとんどありません。

輪ゴム結紮法で痛みがでる二つの理由

 ではどんな時に輪ゴム結紮をして痛みが出てしまうのかです。
この理由には大きく二つあります。

一つ目の理由

一つ目は、先ほど輪ゴム結紮法の適応でお話しましたが、肛門上皮の脱出が大きな内痔核に対して輪ゴム結紮をしてしまい、肛門上皮に大きく輪ゴムがかかってしまった場合です。肛門上皮の部分は痛みを感じる部分です。ここに輪ゴムがかかってしますと痛みが強く出ます。また輪ゴム結紮の適応である内痔核に輪ゴムをかけても、この肛門上皮に輪ゴムがかかってしまうと、痛みが強く出ます。ですから、輪ゴム結紮が出来る内痔核かどうかをしっかり見極めることが一番大切です。また輪ゴム結紮する際には、肛門上皮に輪ゴムがかからないようにかける技術が必要になります。肛門上皮に輪ゴムがかかってしまうと痛みだけでなく、内痔核が壊死脱落した後に、肛門上皮に傷がのこり、裂肛様になったり、深く潰瘍がのこり、輪ゴムが脱落した後も、排便時や排便後の痛みが残り、場合によってはその痛みが強くなり、再度手術が必要になる場合があります。

二つ目の理由

二つ目は、内痔核を大きくつまんでしまい、筋層まで輪ゴムがかかってしまった場合です。内痔核は粘膜の下にできます。ですから輪ゴムをかける場合は、筋層に輪ゴムがかからないように注意深く輪ゴムをかける必要があります。筋層にまで輪ゴムがかかると、痛みだけでなく、輪ゴムが脱落した際に内痔核の根元から、動脈性の出血を起こしてしまうことがあります。

輪ゴム結紮には正しい適応と正しい手技が必要

このように、輪ゴム結紮法は比較的簡単にできるのですが、輪ゴム結紮が出来る内痔核かどうかの適応を間違ったり、輪ゴムをかける場所、そして深さを誤ると輪ゴム結紮後の強い痛みや場合によっては再度の手術を要したり、また動脈性の出血を起こす可能性があり、慎重に適応を選び、正しい手技で行わなければなりません。決して輪ゴム結紮法は万能の治療方法ではありません。

投稿者: 渡邉医院

2019.04.14更新

「輪ゴム結紮法で痛い理由」

輪ゴム結紮法とは

内痔核の治療方法に輪ゴム結紮法という手術方法があります。
内痔核の根元に輪ゴム結紮法の輪ゴムをかけて、内痔核に行く血液の流れを遮断して、内痔核を壊死脱落させる、腐ってとるという方法です。

輪ゴム結紮法の適応

輪ゴム結紮法の適応は、排便時に内痔核が脱出するも過ぎに戻る第Ⅱ度の内痔核や、脱出しても自然に戻らず、指で押し込む第Ⅲ度の内痔核。またされに悪化して脱出したままで、戻すことが出来ない第Ⅳ度の内が適応ですが、いずれも輪ゴム結紮する道具の輪っかの中に入る程度の大きさが適応になります。また、肛門上皮といって、肛門の出口から約2~3cmほど奥まで、皮膚の部分があります。この肛門上皮の部分の脱出が大きな内痔核は適応になりません。一番輪ゴム結紮に適した内痔核は、内痔核ができる粘膜部分だけが脱出してくる内痔核です。ですから静脈瘤型の内痔核よりも、粘膜脱方の内痔核の方がより良い適応になります。
輪ゴム結紮する際には基本的には麻酔はしなくてもできます。無麻酔下で行います。また筒型の肛門鏡を使って、内痔核をよく観察しながら輪ゴムをかけていきます。ですから適応をしっかり選んで、適切に輪ゴム結紮すると痛みはほとんどありません。

輪ゴム結紮法で痛みがでる二つの理由

 ではどんな時に輪ゴム結紮をして痛みが出てしまうのかです。
この理由には大きく二つあります。

一つ目の理由

一つ目は、先ほど輪ゴム結紮法の適応でお話しましたが、肛門上皮の脱出が大きな内痔核に対して輪ゴム結紮をしてしまい、肛門上皮に大きく輪ゴムがかかってしまった場合です。肛門上皮の部分は痛みを感じる部分です。ここに輪ゴムがかかってしますと痛みが強く出ます。また輪ゴム結紮の適応である内痔核に輪ゴムをかけても、この肛門上皮に輪ゴムがかかってしまうと、痛みが強く出ます。ですから、輪ゴム結紮が出来る内痔核かどうかをしっかり見極めることが一番大切です。また輪ゴム結紮する際には、肛門上皮に輪ゴムがかからないようにかける技術が必要になります。肛門上皮に輪ゴムがかかってしまうと痛みだけでなく、内痔核が壊死脱落した後に、肛門上皮に傷がのこり、裂肛様になったり、深く潰瘍がのこり、輪ゴムが脱落した後も、排便時や排便後の痛みが残り、場合によってはその痛みが強くなり、再度手術が必要になる場合があります。

二つ目の理由

二つ目は、内痔核を大きくつまんでしまい、筋層まで輪ゴムがかかってしまった場合です。内痔核は粘膜の下にできます。ですから輪ゴムをかける場合は、筋層に輪ゴムがかからないように注意深く輪ゴムをかける必要があります。筋層にまで輪ゴムがかかると、痛みだけでなく、輪ゴムが脱落した際に内痔核の根元から、動脈性の出血を起こしてしまうことがあります。

輪ゴム結紮には正しい適応と正しい手技が必要

このように、輪ゴム結紮法は比較的簡単にできるのですが、輪ゴム結紮が出来る内痔核かどうかの適応を間違ったり、輪ゴムをかける場所、そして深さを誤ると輪ゴム結紮後の強い痛みや場合によっては再度の手術を要したり、また動脈性の出血を起こす可能性があり、慎重に適応を選び、正しい手技で行わなければなりません。決して輪ゴム結紮法は万能の治療方法ではありません。

投稿者: 渡邉医院

2019.04.14更新

シートン法とは

痔瘻の手術方法にシートン法という方法があります。痔瘻の瘻管に輪ゴムを通して少しずつ絞めていき、最終的に痔瘻を治していく方法です。
基本的には二次口、瘻管、そして原発巣、原発口を取り除く方法なので、通常の痔瘻根治術、例えば瘻管摘出術や瘻管開放術などと同じと考えていいと思います。

痔瘻根治術とシートン法の違い

痔瘻根治術の場合は、一期的に切除する方法ですが、シートン法は瘻管に通した輪ゴムを少しずつ絞めていき、時間をかけて痔瘻根治術をするというイメージです。
ただ、このシートン法を行う場合には、確実に原発口、原発巣そして瘻管に輪ゴムを通すことが必要です。

原発口、原発巣をしっかり処理することが重要

痔瘻を根本的に治すには、やはり、原発口、原発巣をしっかりと処理する必要があるからです。
輪ゴムが二次口から瘻管を通り、原発巣、原発口に通っていないと、痔瘻は完治しません。したがってシートン法を行う時は、原発口、原発巣をしっかりと見極めることが必要になります。
また、早く治そうとして、輪ゴムを強く縛ってしまうと痛みが強く出てしまいます。痛みが出ない程度に、ゆっくりゆっくりと絞めていくことが大事です。

シートン法で痛みが出る場合

時々、痔瘻に対して輪ゴムによるシートン法を受けた患者さんで、痛みが強くてつらいと、受診される患者さんがいます。そういった場合の多くが、輪ゴムを強く絞められた患者さんです。そういった場合には、輪ゴムを入れ替えて、ゆっくりと、ゆるめに絞めていくか、二次口から原発口まで輪ゴムがかかっているので、この時点で一期的に痔瘻根治術をしてしまうなどの方法があります。

シートン法は麻酔が必要か?

一番初めに輪ゴムを通す際には麻酔が必要です。渡邉医院で行う時は、局所麻酔で行っています。ただ、いったん輪ゴムを通した後は、時々新しい輪ゴムに替えていくのですが、その際は麻酔をしなくても交換することが出来ます。

シートン法はゆっくりゆっくり

シートン法を行う時は、ゆっくりゆっくり、痛みが出ないように輪ゴムを絞めていき、時々新しい輪ゴムに交換しながら、2~3か月かけて治していきます。
深い痔瘻などの場合は半年ほどかけながら治していくこともあります。ですから、患者さんには、「肛門に輪ゴムのピアスをしている感じです。」と話しています。このようにシートン法は時間をかけて治していく方法です。シートン法のメリットは、輪ゴムを通すだけなので、痔瘻根治術のように大きな傷ができません。また痛みがないので、手術後から直ぐに日常の生活や仕事ができることです。痔瘻根治術を行った場合も、皆さんが想像しているのとは違い、痛みは楽です。シートン法はそれ以上に痛みに関しては楽に治していくことが出来ます。
また、シートン法は輪ゴムを通すだけなので、手術の際の侵襲、体に与えるダメージが少なくて済みます。そのため、基礎疾患に潰瘍性大腸炎やクローン病などを持っている患者さんが痔瘻になった場合、通常通りに痔瘻根治術を施行した場合、傷の治りが悪かったり、場合によっては直りだけでなく、傷そのものが悪くなったりします。また基礎にある潰瘍性大腸炎やクローン病が悪化することがあります。こういった患者さんには侵襲の少ないシートン法を用いることがあります。このように、患者さんの基礎にある疾患や社会的な背景などを考えながらシートン法は行っていきます。

投稿者: 渡邉医院

2019.04.14更新

シートン法とは

痔瘻の手術方法にシートン法という方法があります。痔瘻の瘻管に輪ゴムを通して少しずつ絞めていき、最終的に痔瘻を治していく方法です。
基本的には二次口、瘻管、そして原発巣、原発口を取り除く方法なので、通常の痔瘻根治術、例えば瘻管摘出術や瘻管開放術などと同じと考えていいと思います。

痔瘻根治術とシートン法の違い

痔瘻根治術の場合は、一期的に切除する方法ですが、シートン法は瘻管に通した輪ゴムを少しずつ絞めていき、時間をかけて痔瘻根治術をするというイメージです。
ただ、このシートン法を行う場合には、確実に原発口、原発巣そして瘻管に輪ゴムを通すことが必要です。

原発口、原発巣をしっかり処理することが重要

痔瘻を根本的に治すには、やはり、原発口、原発巣をしっかりと処理する必要があるからです。
輪ゴムが二次口から瘻管を通り、原発巣、原発口に通っていないと、痔瘻は完治しません。したがってシートン法を行う時は、原発口、原発巣をしっかりと見極めることが必要になります。
また、早く治そうとして、輪ゴムを強く縛ってしまうと痛みが強く出てしまいます。痛みが出ない程度に、ゆっくりゆっくりと絞めていくことが大事です。

シートン法で痛みが出る場合

時々、痔瘻に対して輪ゴムによるシートン法を受けた患者さんで、痛みが強くてつらいと、受診される患者さんがいます。そういった場合の多くが、輪ゴムを強く絞められた患者さんです。そういった場合には、輪ゴムを入れ替えて、ゆっくりと、ゆるめに絞めていくか、二次口から原発口まで輪ゴムがかかっているので、この時点で一期的に痔瘻根治術をしてしまうなどの方法があります。

シートン法は麻酔が必要か?

一番初めに輪ゴムを通す際には麻酔が必要です。渡邉医院で行う時は、局所麻酔で行っています。ただ、いったん輪ゴムを通した後は、時々新しい輪ゴムに替えていくのですが、その際は麻酔をしなくても交換することが出来ます。

シートン法はゆっくりゆっくり

シートン法を行う時は、ゆっくりゆっくり、痛みが出ないように輪ゴムを絞めていき、時々新しい輪ゴムに交換しながら、2~3か月かけて治していきます。
深い痔瘻などの場合は半年ほどかけながら治していくこともあります。ですから、患者さんには、「肛門に輪ゴムのピアスをしている感じです。」と話しています。このようにシートン法は時間をかけて治していく方法です。シートン法のメリットは、輪ゴムを通すだけなので、痔瘻根治術のように大きな傷ができません。また痛みがないので、手術後から直ぐに日常の生活や仕事ができることです。痔瘻根治術を行った場合も、皆さんが想像しているのとは違い、痛みは楽です。シートン法はそれ以上に痛みに関しては楽に治していくことが出来ます。
また、シートン法は輪ゴムを通すだけなので、手術の際の侵襲、体に与えるダメージが少なくて済みます。そのため、基礎疾患に潰瘍性大腸炎やクローン病などを持っている患者さんが痔瘻になった場合、通常通りに痔瘻根治術を施行した場合、傷の治りが悪かったり、場合によっては直りだけでなく、傷そのものが悪くなったりします。また基礎にある潰瘍性大腸炎やクローン病が悪化することがあります。こういった患者さんには侵襲の少ないシートン法を用いることがあります。このように、患者さんの基礎にある疾患や社会的な背景などを考えながらシートン法は行っていきます。

投稿者: 渡邉医院

TEL:075-441-4303