日帰りで可能な治療

内痔核

内痔核(いぼ痔)には、第Ⅰ~第Ⅳの進行度がありますが、パオスクレーは第Ⅱ度(排便時に出血、内痔核の脱出があるが自然に戻る状態)までの内痔核が適応です。
パオスクレ−はアーモンドオイルの中に5%のフェノールが入った痔核硬化剤で、アーモンドオイルが内痔核の原因となっている血管を圧迫し、またフェノールがわざと炎症をおこすことで内痔核を硬化させる効果を持ちます。これを内痔核に注射することで、麻酔なし・痛みなしで出血をおさえ、外来通院での治療を可能としています。
ただある程度の量が必要となるため、2回の通院に分けて注射する必要があります。治療後は、入浴など普段通りの生活を送っていただくことができます。

第Ⅱ度の治療法に輪ゴム結紮法での治療も行っております。大きさに制限はありますが、手術日と約2週間後の1回の通院で治療することが出来、負担の少ない治療法です。

第Ⅲ度以上はこちら

肛門周囲膿瘍

肛門から奥に2~3cm入った直腸との間には、肛門腺というものがあります。これは一部が括約筋の中に入っていて、分泌液を出します。ここに細菌が入って炎症を起こし、化膿すると「肛門周囲膿瘍」という状態になります。治療するには切開して排膿しなければなりませんが、外来での手術が可能です。 膿が大量にたまると高熱が出て、膿を全て出さないと熱は下がりません。 肛門は常に便が通るところなので便の調子が悪いとき、特に下痢の時や、免疫力が落ちたときにかかりやすいです。日ごろから食生活や生活習慣に注意し、出来るだけストレスを抱えないようにすることが大切です。

皮垂

肛門の外側にシワやイボができ、排便時に拭きにくい、違和感を感じる、またかゆみを生じるなどの症状が出るものを「皮垂」とよびます。裂肛や内痔核が原因で起こるもので、炎症を繰り返すと皮垂はどんどん大きくなっていきます。 1度出来ると自然には治らないので手術が必要になります。局所麻酔下での外来での手術で簡単に治療できます。

直腸脱

直腸を支えている筋肉が弱ったり、肛門の締まりが悪くなることで、排便時に直腸が脱出したままになり、手で押し込まなければ元の状態には戻りません。悪化していくと立っているだけで直腸ガ出てきてしまう状態が常に続き、手で押し込んでも元に戻らなくなり手術が必要です。手術で肛門を締めて、直腸が肛門外に出てこないようにします。入院治療、または日帰りでの手術で治療できます。
TEL:075-441-4303