診療案内

初診の方へ

当院の治療は、全て保険診療で行っておりますので、来院時は保険証を忘れずにお持ちください。
予約制ではありませんので、都合の合う受付時間内にご来院ください。
(初診当日に「すぐ手術を」ということは、まずありません)

手術が必要な場合は、基本的に入院による手術をおすすめしています。
ご自身の病状をよく理解してもらい、また日常のストレスから離れることが治りをよくします。
ただ患者さまがご希望され、当院からご自宅までの距離が近いなどの条件があう場合は、外来での日帰り手術も可能です。

痔の症状

痔核(いぼ痔)
いきみ、肛門部への過度の刺激・負担によって、直腸や肛門付近の血管がうっ血して腫れ、いぼのようになっているものです。
肛門の奥の直腸側にできるのが「内痔核」、歯状線より下の皮膚にできるのが「外痔核」です。
内痔核は、軽い場合は排便時の出血のみで痛みはないですが、重くなると脱肛していぼが肛門の外に脱出してしまい、痛みを生じます。
外痔核は、出血は少ないものの、強い痛みを伴います。

裂肛(きれ痔)
硬い便、または下痢で排泄する際に、肛門を傷つけてしまったことが原因で、肛門の上皮部分が切れたり裂けたりしている状態です。
また便秘のときに無理にいきんだり、下痢のときには傷の治りが遅れるなど、いずれも「排便の調子が悪い」ことが悪化の要因となります。
出血があり、排便時および排便後にズキズキと痛む場合があります。しかし痛いからといって便意を我慢すると、ますます便が硬くなってしまい、さらに症状が悪化する悪循環におちいりがちです。

痔瘻 じろう
肛門線(歯状線のくぼみ部分)に細菌が感染し、炎症・化膿を起こして膿がたまることを原因として、膿が通るトンネルができてしまった状態です。
肛門部に重くてにぶい痛み、異物感があり、排便時に限らず痛みがあります。膿がさらに奥に入ることで38度を超える発熱を伴うこともあります。
治療するには必ず手術をしなければなりませんので、できるだけ早めに受診されることをおすすめします。

痔の手術の流れ

1,診察

事前の食事制限などはありませんので朝食などもしっかり摂って普段どうりにしてご来院ください。。まず、左側を下に横向きになって横になる「左側臥位」で診察を行います。
次に排便したときと同じ状態の肛門を見るため、ぬるま湯で浣腸を行います。便を出すのが目的ではなく、肛門鏡や指診だけではわかりにくい出血や腫れの程度を診るためです。
その後に再度ベッドで診察をして病状を判断してご説明します。
特にご希望される場合を除き、その場でいきなり手術ということはほとんどありません。

仕事やご家族の事などそれぞれの事情があると思いますので、相談しながら、いつするか、日帰りか入院どちらで手術を行うかなどしっかりお話などをお聞きした上で進めさせて頂きます。

2,手術

当院では、午前中の外来診療が終わってから手術を行っています。
術中に嘔吐してしまったり、また誤飲があったりするといけませんので、昼食は抜いていただいています。
麻酔は局所麻酔で、5分程度です。麻酔は、患者さまの痛みを取り除くだけでなく、肛門の緊張を取り除いて治療しやすくするためでもあります。
術前には「肛門内圧」の測定を行います。
術後の疼痛を予測しての「さきどり鎮痛」なども行います。

3,術後

手術が終わればすぐに動くことができます。夕食は通常通りにお摂りいただけます。痛みは、昔は肛門の手術は「痛い」といわれたものですが、現在は手術の内容によって異なるとはいえ、強い痛みではありません。また消炎鎮痛剤でコントロールします。

入院の際の持ち物

着替えと洗面具程度で結構です。身一つで来ていただいてもかまいません。
手術日はお昼のお食事は抜いていただきますが、朝はしっかり摂っていただいてOKです。
また術後の夕食も通常通りにお摂りいただけます。

費用について

症状や入院期間で変動がありますが、おおよその目安は以下です。

内痔核への痔核根治術

1泊2日 3割負担で約21,000円
3泊4日 3割負担で約26,000円

内痔核への痔核硬化療法(ジオン)

1泊2日 3割負担で約19,000円

痔瘻への痔瘻根治術

1泊2日 3割負担で約16,500円
3泊4日 3割負担で約21,000円

裂肛への裂肛根治術

1泊2日 3割負担で15,000円
TEL:075-441-4303